沿革・製品開発

当社は、昭和34年7月、故 杉本 稔が、刈払機その他の農業用機械の製造販売を目的として個人経営していた杉本製作所を法人化して日本刈取機工業株式会社を設立。
その後、社名を株式会社ニッカリと改め、次のような歩みを続けて現在に至っています。

沿革

昭和34年 日本刈取機工業株式会社を設立
(上道郡上道町 現岡山市東区)
昭和36年 工場新設、本社移転 (岡山市北区上伊福)
昭和37年 東京営業所を新設 (東京都板橋区)
昭和39年 東岡山鉄工綜合団地
(現 東岡山テクノセンター)内へ工場を新設、
本社および工場を移転 (岡山市乙多見)
昭和40年 九州営業所を新設 (福岡県久留米市)
昭和45年 東京営業所を移転 (埼玉県大宮市 現さいたま市)
昭和48年 商号を株式会社ニッカリと変更
昭和59年 西大寺工場を新設、
製造部門及び出荷部門を移す (岡山市東区西大寺)
平成元年 西大寺工場へ総務部及び営業部を移し、西大寺事業所とする
平成13年 当社独資の子会社寧波利豪機械有限公司を設立
(中国浙江省寧波市)
平成24年 東日本機材センターを新設 (岩手県滝沢村 現滝沢市)
平成28年 本社移転 (岡山市東区西大寺)、旧本社を東岡山事業所とする

製品開発

昭和34年 現在の刈払機の原型である
携帯用万能刈取機(TS型)を開発
昭和36年 遠心クラッチを使用した
ベルト伝動刈取機(C型)を開発
昭和37年 ギア伝動刈払機(PN型)を開発
昭和39年 穴掘機(A-1)を開発
昭和40年 エンジン・モーター両用の目立機(G-2)を開発
中耕除草機を開発
電動刈払機(ホープ600A)を開発
昭和41年 農業用急傾斜地軌条運搬機(モノラック M-1)を
日本で初めて開発
昭和50年 スイスのモノレール生産販売会社
ハーべーガー社へ技術提供
昭和53年 乗用型自動灌注機を開発
昭和58年 畑用高床運搬機(TH-250A)を開発
昭和61年 草削機(くわすけ WKシリーズ)を開発
傾斜圃場用穴掘機(ラクホールH型)を開発
昭和62年 畦刈機(アゾン NT-7X)を開発
平成6年 乗用(1人用)急傾斜地運搬機を開発
超小型管理機(くわすけミニ CL-26)を開発
平成8年 乗用(多人数用)急傾斜地単軌条運搬機を開発
平成10年 土耕苺管理機(くわすけ WK-05)
平成11年 急傾斜地多軌条重量物運搬機を開発
平成15年 高設苺用管理機(CLB-26)を開発
平成16年 充電式草刈機(モビカル MBB-1)を開発
モップ式草刈機(MPS3500)を発売
平成22年 屋外用1人乗りバッテリー式モノレール(ムーチェ)を開発
平成26~27年 和歌山大学との共同研究に基づきパワーアシストスーツ(Buddy)の原型を開発

平成29年1月現在